猫とワタシ

空のお城

小野上明夜の日記です。小説のこと+日々のどうでもいい話など。

この記事のみを表示するトレス疑惑が出るレベル。

小説

村上ゆいちさん冨士原良さん宛に描いていたカシュヴァーンの画像が面白かったのでのっけますね!! ※許可はいただいております。

村上ゆいちさんのカシュヴァーン


「死神姫」一巻って大体こんな話でしたよね。今となってはあの頃がなつかしいです。

そして冨士原さんが挿し絵をお描きになっている「薄桜鬼」ノベライズが今月最終刊が出るのでそっと宣伝しておきます。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するみんなご主人様が大好きなのです。

小説

七月ですね暑い。

本編のどこに触れてもネタばれになるので、前に妹が作ってくれかけた四コマでも描こうかと思ったのですが、ほぼ本編でやってしまった……内容はリドレックとセイグラムが互いに「うちの主人が一番」と張り合っていて、素直なトレイスは話に混ざろうとしても嘘が言えず、最終的にカシュヴァーンに逆ギレするというものでした。

まあティルはとにかく、ディネロに単純なステータスで勝とうとすると難しいよね……ちなみにジスカルド相手だともっと難しいよね……二人とも生まれも育ちも「王子様」だし、顔も頭もいいしね……それぞれ財力と性格には難があるけどね……
いや、まあ、分かりやすい数字に出せない良さがカシュヴァーンにもあるはずだよ、と信じていますが。

そういえば以前、妹に「読者さんからルアークの話を作るべきと突っ込まれたよ」と教えてやったら、「ルアークが薄着で悩む話なら作れる」と言われました。お前がルアークに興味ないことだけはよく分かった!!

以下は拍手お返事です。