猫とワタシ

空のお城

小野上明夜の日記です。小説のこと+日々のどうでもいい話など。

この記事のみを表示する猫に弱い

このブログについて

そろそろ桜も終わりなのでテンプレ変更。また猫です。相変わらず猫が好き。

うう、しかし薄めのキーボードは打ちづらいなあ……やっぱりキーボードだけ買い換えよう。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する「ぽけっとB's-LOG」にて・3。

小説

だんだん恒例になりつつありますが、六巻発売に先駆け、「ぽけっとB's-LOG」にて『死神姫の再婚 -入れ知恵は淑女のたしなみ-』が5/1より配信されます。詳細は「ぽけっとB's-LOG」サイトにてご確認いただければと思います。
*携帯の有料コンテンツですのでご注意! 会員登録が必要です。

公式発表はまだですが、担当さんからもう発表してOK、とのお達しが出ましたのでフライング発表をしてみました。なんとなく夫婦が寝てるシリーズはひとまず終了し、今回からちょっと毛色を変えてみた次第です。とはいえ、タイトルで大体内容が分かりますね(笑)
登場人物として明確に出て来るのは夫婦だけですが、某人妻も手紙の文面で参加。興味がおありの方はよろしくどうぞ~。

今回の分は真っ先にタイトルが決まったので悩まずに済んだのですが、二周年記念小冊子用の短編はいまだに私の手元にあるファイルの名前が「カシュヴァーンが超暇してる話」になっています。分かりやすいといえば分かりやすいけどなあ。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するマッチ売りとコンビニ強盗

小説

妹が「マッチ売りのアリシア」という話を考えてくれました。

幼くして両親に先立たれた、貧乏なマッチ売りの少女・アリシアと、たぶん街の元締めかなんかのカシュヴァーンの小さな恋の物語。叔父に言われ、かごいっぱいのマッチを売らされているアリシアと偶然カシュヴァーンが出会う→ちょっと気の毒になってかごごとマッチを買ってやる→翌日アリシアがかごを二つ持ってマッチ売ってる→やむなくかご二つ分マッチ買う→さらに翌日アリシアがかご三つ分(略)→半ば諦めの心境で、アリシアごと全部お買い上げするというほのぼのした話です。

ちなみに妹が別に考えてくれた話は、コンビニでバイトをしているティルとコンビニ強盗のセイグラムの話です。ギャップがひどい!! お前本当におセイのこと好きなの!?

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する本と本棚

小説

質問をいただきましたのでお答えしますが、うちの本と本棚は増えるに任せています(爽)。
たまに思い立って整理したりするんですが、気がつくとこの間まで空いていた棚が見事に埋まっています。不思議!! もう一個本棚を買おうかな、と真剣に思う今日この頃です。

ちなみにうちの本棚を一番占領しているのは「はじめの一歩」だったりします(笑) 八十巻以上出てるからな……

あと最近手塚治虫先生作品と、「銀英伝」の再読を始めたので本棚のカオスぶりがひどいことになっています。

以下は拍手お返事です。


この記事のみを表示する六巻あらすじが出ました。

小説

六巻あらすじが公式に発表されたようなのでここにもぺたり。

カシュヴァーンが誕生日を迎えていたりなど、のんきなイベントをこなしつつ、「王子様」で「怪物」な人がもうひとり出てくるいろいろごちゃ混ぜな巻です。しかしこうやって書いてみると、私は王子様が好きなんだか嫌いなんだかよく分からないですね……ちなみに見た目正統派の王子様、ジスカルドも再登場。

以下は拍手お返事です。


この記事のみを表示するお花見気分

このブログについて

テンプレ変更。去年使い損ねた桜テンプレです。

そういえばこの間お花見に行ったのですが、時間の都合上夜桜でした。闇夜に浮かぶ桜もおつなものですが、咲いてる内に昼間のお花見にも行きたいなあ。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する逆年の差もよいものです

小説

エイプリルフールネタ、意外に評判がよくてありがたいことです~。実はあれの元ネタは担当さんだったりします(笑) 間接的にメールをさらしてやったZE!

六巻あらすじは99%ネタっていうか妄想でしたが、「図書館」が出てくるあたりだけは本当です。また詳細を公開できるようになったら、こちらでもご案内しますのでよろしくですvv

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するひとまずエイプリルフール終了ってことで

小説

トップに出ているのは短い間でしたが、反応下さったみなさんありがとうございましたー。お返事はまた今度じっくりと。

ちなみに「死神姫の再婚 ―鏡の檻に棲む王―」が五月十八日発売予定であることだけは本当ですよ~。

この記事のみを表示する六巻予告

小説

お待たせしました、「死神姫の再婚」第六巻は五月十八日発売予定です! サブタイトルは「ふんわり教師とへたれ鬼畜実習生」となります。以下はあらすじ。

見た目は幼女ですが実は三十代のアリシア先生は、聖シルディーン学園の名物教師(英語)。宗教問題や傭兵差別で若干学内は荒れているのですが、そういうことをいっさい無視してマイペースに授業ができるつわものです。
そんな彼女を心密かに慕っているのは、番長(死語)のカシュヴァーンくん(高校生)。好きな子に素直になれない、ツンデレ全開のカシュヴァーンくんは何かとアリシア先生にちょっかいをかけていたのですが、ふんわりふわふわとスルーされ続けていました。
そんなこんなで迎えた卒業式。舞い散る桜の中、「卒業しても学食は食べに来てもいいのよー」とにこにこしているアリシア先生の唇を、桜のはなびらにも似た柔らかな、けれどはなびらにはないぬくもりがかすめたのです。
びっくりして見上げれば、そこには少しだけ顔を赤くした問題児の顔が。そこでアリシア先生はこう言いました。

「さくらのはなびらって食べれるのよね。ね、そうよね?  カシュヴァーンくん」

最後までスルーされたカシュヴァーンくんは、ちょっと泣きそうになりながら校舎に別れを告げました。実はアリシア先生のファーストキスを奪ってしまったのだとも知らずに。

そうしていったん別れた二人ですが、数年後、アリシア先生の前に教育実習生(数学)となったカシュヴァーンくんが再び現れます。無邪気に再会を喜ぶアリシア先生ですが、嫌な大人になったカシュヴァーンくんは何食わぬ顔で人気のない図書館に彼女を誘い込み――……

でもしょせんへたれなので寸止めです。乞うご期待!!

言うまでもないと思うけど今日は4/1ですからね!