猫とワタシ

空のお城

小野上明夜の日記です。小説のこと+日々のどうでもいい話など。

この記事のみを表示する一足先に。

このブログについて

「死神姫」三巻発売に先駆けて、ブログテンプレをそれっぽいものに変えてみました。ケーキおいしそう。

公式に三巻表紙が出ていたのでここにもぺたり。「あーん」ですよ「あーん」! あのアリシアが他人に食べ物を分けてあげるとは……! (そこか)

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する豚肉。

小説

このブログを見ていた妹に「アリシアに豚を飼わせよう」と持ちかけられたので、「じゃあ名前は豚肉にします」と言ってみました。

妹の眼は冷たかったです。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するあらすじが出ましたね。

小説

三巻のあらすじが公式に出ていたのでぺたっと。

そういうわけで新キャラは、エリクスとレネとルアークの「おにいちゃん」です。もうそろそろバンドに例えるのは人数が多すぎて無理ですね……

そういえば担当さんに、「ディネロは同じバンドメンバーより対抗する別バンドの人がいい」と言われました。……そうなるとリドレックがメンバー入りだろうか。まだまだ若い者には負けん、と思っていそうな気はします。

以下は拍手とメールフォームのお返事です。

この記事のみを表示する三巻タイトル

小説

来月4/14発売の死神姫三巻のサブタイトルは、「死神姫の再婚 ―腹ぺこ道化と玩具の兵隊―」に決まりました。長いのですが、担当さんと色々打ち合わせをしている内にもうこれしかないよね、という話になったので。

以前も書きましたが今回はサブタイトルがなかなか決まらず、とりあえず内容を全部書いてみても決まらず、どーすべどーすべと結構悩んでしまいました。最終的にはほぼ担当さんに考えてもらった気がする。てへへ。

そういうわけですので、お見かけの際はまたよろしくお願いします。

この記事のみを表示するデートに行けるかな?

小説

拍手にて「『死神姫』の世界にデートスポットはあるのか」という質問をいただいたので、真面目に考えてみました。

アズベルグ地方は全体的にじめじめしていて、薄暗い森と山と谷ばっかりの陰気な地方なので普通のカップルがいちゃいちゃするのにあまり相応しい場所とは言えません。目立った産業もないし、辺境である上に保守的な土地柄ですので、華やかな建築物とかもあんまりなさそうですしね。

でもそういう場所にこそ趣を見出すアリシア的には、行ってみたいところだらけだと思います。しかしアリシアが行きたがるようなところは、大体カシュヴァーンが行かせたくないようなところばっかりなので、屋敷の外でのデートはなかなか実現しそうにないです。
どうしてもって言うのならええと……首輪付きとかだったら過保護の夫も安心? アリシアも結構面白がるかと思うのですが、カシュヴァーンの領地内での評判がますます悪くなりそうです。その前にノーラとトレイスが阻止してくれるとは思いますが。

以下は拍手とメールフォームのお返事です。

この記事のみを表示するこれが恋……?……

このブログについて

そろそろこのテンプレも長く使ってるし、変えようかなと思ってあちこちのテンプレートを見て回ったのですが、試しにと思って変えてみてもなんか物足りません。気がつくと結局このくまのテンプレに戻してしまいます。

……これが、恋……?

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する拍手がおかしいようなので。

このブログについて

ブログ拍手がどうも不安定なようなので、とりあえずメールフォームを使えるようにしてみました。これでしばらく様子見。

あんまり不安定なようなら乗り換えも検討しているのですが、本にここのアドレスが載ってることを思うとうかつに移動もできないなあ……

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する週末の池袋は人だらけ。

担当さん

用事があって東京に行ったついでに、担当さんと池袋で遊んでもらいました。

しかし週末の池袋は人が多かった……パフェで有名なミルキーウェイに行けなかったのがちょっと心残りですが、代わりに連れて行っていただいた喫茶店もとてもよいお店でした。ケーキが大きかったですよ! 焼き肉もおいしかっったですよ!

で、ジュンク堂に行って打ちのめされました。……手書きポップがまだあった……!
捨 て て お い て く れ て も よ か っ た の に ……!
とてもていねいにラミネートして下さっていました。あまりの飾り気のなさにシールまで追加してもらってた。
店員さんの心遣いに、「ふぎゃあ」とか変な声がリアルに出ました。あ、ありがたいですよ! ありがたいですけどさぁ!

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する本棚が来たので並べてみました。

小説

購入した本棚が届いたので、必死に組み立てた後早速本を並べてみました。

……一段「死神姫」で埋まってしまった。変な専門店みたいになった……

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する本棚を買いました。

小説

献本やら資料やら、うっかり買ってしまった趣味の本やらが床にはみ出して収拾がつかなくなってきたので、本棚を購入することにいたしました。本がかわいそうだしね……「本は読めればいい」派ではあるのですが。

以下は拍手お返事です。