猫とワタシ

空のお城

小野上明夜の日記です。小説のこと+日々のどうでもいい話など。

この記事のみを表示する名誉毀損ですよ。

小説

中途半端に「死神姫」一巻を読んだ妹が、トレイスにつけたあだ名は「税金滞納」です。カシュヴァーンが課した分は払ってるよ!

後ディネロのことを「二メートル」と呼んでいます。確かにおねえちゃんの手元のキャラ表にも、「身長二メートルを越える大男」とかは書いてあるけどね……

以下は拍手お返事です。


この記事のみを表示する時々自主規制しています。

小説

拍手コメントで、「『死神姫』作品内に動物は出ないのか?」とのコメントをいただきましたので、またしても真面目に考えてみました。

現実世界にいるような動物は、大体いると思います。馬は結構出てきていますね。後は狼とか、犬とか猫とか。

カシュヴァーンが猫を拾ってきて、アリシアにあげるって展開を何度か考えたこともあるにはあるのですが、アリシアは猫を「可愛い」と思ってくれるんでしょうか……あの子、「おいしそう」って思わないかな……そう思うと恐ろしくて、うかつに動物ネタを仕込めない私です。

油断すると危険なネタをやってしまう傾向があるので、自分で時々自主規制しています。まあ本当にやばそうなネタは、担当さんが水際で止めてくれると信じています!

この記事のみを表示する本屋さんにはお世話になってます。

小説

時々書店にお勤めの方からコメントをいただけておりまして、ありがたいやら何となく申し訳ないやらです。

そういえば「死神姫」一巻発売当時、初代の担当さんと池袋のジュンク堂にそっと営業に行った覚えがあります。小汚い手書きのポップを書かせていただきました。……あれ、ちゃんと人目につかないように捨ててくれたんだろうか……

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するタイトルが苦手。

小説

三巻目にしてサブタイトル形式をちょっと後悔。すっと出る時はすっと出るんですが、決まらない時は何をどうしても決まりません。

「薔薇園の時計公爵」は、先にディネロのあだ名を設定してあったので割とあっさり決まりました。余談ですが彼の決まった道を毎日うろうろ、のモデルは、哲学者のカントの逸話です。毎日同じ道を同じ時間に散歩するカントを見て、人々は時計の狂いを直したとかいう。ずっと生まれ育った町を離れなかった人でもあるらしいです。

以下は拍手お返事です。匿名でコメント下さった方も、ありがとうございました!

この記事のみを表示するまだタイトルははっきりしておりませんが。

小説

公式に出たようなのでここにもひっそり。「死神姫」三巻、四月発売予定です。

詳しい内容はまだ書けませんが、二巻が主役夫婦+ティルナードの話という感じだったので、今回は+ルアークの話かなと。
新キャラはまた三人です。今回は女の子も一人出ます。書店でお見かけの際はよろしくです。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するバレンタインですね。

小説

バレンタインですねー。
拍手より、「『死神姫』作品内にバレンタインがあったら誰が一番もてるのか?」という面白い質問をいただいたので、ちょっと真面目に考えてみました。

……もてるというか、チョコを一番もらえそうなのは現実的にディネロなんじゃないかという気が……毎日見回りしてますしね。割と親しまれているし、一応顔はいいし。
バレンタインも普通に見回りしてて、領地内の村の女の子に「公爵様これっ!」と渡されて無言で受け取って、あまりにも反応がないので不安に思っていたらホワイトデーにやっぱり無言でお返しをくれる。そんな光景が浮かびます。律儀にお返しはするタイプだと思います。

カシュヴァーンにその辺の娘さんがチョコを渡すのは勇気が要りそうです。怖いもんね……ひそかにあこがれてる子、ぐらいいてくれるかとは思いますが。
とりあえず妻とメイドはくれるかと。ちなみに妻は他の人にも平気で手作りチョコをあげそうなので、夫はちょっと傷ついているかもしれません。「だって買うより安いんですもの」とかそういう理由だよ、きっと。

ルアークにくれるのはやっぱりアリシアぐらいでしょうか。あんまり堂々と人前に出られないし。トレイスも恐縮しつつ、でも断り切れずにアリシアからもらって、「お前何普通に受け取ってるんだよ」的軽いいじめを幼馴染みから受けます。トレイスはそういう役回りです。

ティルナードにうかつにチョコをあげようとすると、お付きの眼鏡に取り上げられる気が。下手な好意を示したが最後、一通り身上調査とかされそうで怖いですね! 眼鏡本人は陰でそれなりにもらっていそうです。

バルロイはノーラに「チョコなんかよりお前を」的迫り方をして張り倒されるに違いない。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する眼鏡ケース買ってきました。

小説

結局眼鏡ケース買ってきました。使い心地はなかなかです。しばらく使って慣れていこうと思います。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する意外に眼鏡ケースって売っていない。

小説

普段は裸眼で過ごしていますが、視力0.3ぐらいなので小説書くときは眼鏡必須です。萌えない眼鏡っこです。残念!

去年新調した眼鏡の使い心地そのものはいいのですが、眼鏡屋でつけてもらった眼鏡ケースの外装がひどいことになってきたのでそろそろ新しいのを購入……しようと思ったら意外に眼鏡ケースって選択肢がない……? あんまり近所の店に種類がないんだけどなあ……

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する本当は

このブログについて

本当は二月だし、と「バレンタイン!」なテンプレを探しにいったのですが、なぜかくまを捕獲してきました。このくま可愛いなあ。

こういう脱力・癒し系キャラに弱いのです。リラックマとかたれぱんだとかアリシアとか(……)。似たようなカテゴリだと思います。

「死神姫」の世界観にバレンタインの習慣はおそらくないと思いますが、もしもそういうのがあれば妻は嬉しそうに夫にチョコを贈ると思います。肥料要らずが入ってるか、カシュヴァーンの身長よりでかいかどっちかの気もしますが。