FC2ブログ
猫とワタシ

空のお城

小野上明夜の日記です。小説のこと+日々のどうでもいい話など。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する妹はツンデレ。

小説

私の二人の妹は、基本的に小説を読まない人間なので「死神姫」も全く読んでいません。

興味がないんだろーな、と思って特に小説関係の話もしていなかったのですが、「活字倶楽部 2008冬号」で紹介されていたよ、とこの間上の妹に突然言われました。ツンデレめ!

でも現物を買ってきてはくれない、そんな妹が大好きです。自分で買いました。

以下は拍手お返事です。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する結構不安定かもしれない。

このブログについて

さっき書いた記事を反映させようとしたら、見たことのないエラーが出て来て記事が全部消えてしまいました……

いや、大したことは書いてないんですけど、ちょっとしょんぼり。

気を取り直して、以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する電波さんはお好きですか?

小説

今の時点でいただいているメッセージを拝見していて思うのは、とりあえずディネロが割と受けていてよかったということです。サブタイにしたはいいのですが、どうかしらこの人……と書きながらずっと思っていたので。

初期設定ではもっと無口だった気がします。途中、「あまり無口だと小説的に映えないかもしれない」と思い色々足したら電波になりました。ディネロが無口だからセイグラムの台詞は長回しでいこう、と思ってたのになあ……

……確かカシュヴァーンももうちょっと無口設定だったような気がします。なんでこんなことに。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する本屋に入ってた。

小説

意外に「時計公爵」が、発売日に近所の本屋に入っていました。でもその側の別の本屋にはなかった。この差は一体何なんだろう……

以下は記名して下さった方への拍手お返事です。

匿名でコメント下さった方もありがとうございました。

この記事のみを表示する二巻発売

小説

すでに昨日のこととなってしまいましたが、「死神姫の再婚 ―薔薇園の時計公爵―」発売されました。おめでとう自分。

以前にバンドメンバーでたとえると、ドラムとギターとマネージャーみたいなのが出る、とここに書いたような気がしますが、イメージ的にはドラム:ディネロ、ギター:バルロイ、マネージャー:セイグラムといったところでしょうか。怖いぐらいにリズムが正確なドラム、技術はあるけど女好きのギター、売れなかったら即鞍替えしそうなマネージャー。……解散だなこのバンド。

馬鹿な話は置いておいて、買って下さった方々から、もう何人かメッセージも届いていて嬉しい限りです。わーい。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する見本誌を見ながら。

小説

「薔薇園の時計公爵」、見本誌がちょっと前に来たので見ては喜んでいます。

今回は登場人物紹介も一新していただき、トレイスが出てます。唯一の常識人である彼は今回も苦労していますので、振り回され属性のキャラが好きな人は楽しめる……ような気がします。

この記事のみを表示する誰の目線で

小説

「死神姫の再婚」という話の中で、私が一番自分に似ていると思っているのはカシュヴァーンです。物の考え方とか。

なんだけど担当さんには「ルアークに似てますね」と言われるのはなんでだろう。どっちみち「アリシアは可愛いなハハハ」という視線なのは同じなんですけど。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示する寒すぎる。

このブログについて

極寒ですな。寒すぎてタイピングするのも一苦労。

以下は拍手お返事です。

この記事のみを表示するあけましておめでとうございます。

小説

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

去年は新人賞をいただき、その作品を発行させていただきと大変ながらも嬉しい一年でございました。松山でふわふわ生きていたら一生会えなかったような人にもたくさんお会いできました。

今年も一月から「死神姫」続編を出していただけることになり、併せて「死神姫」一巻を重版していただける運びにもなりました。めでたいづくしです。
後担当さんから「早くルアークとティルの女装が見たいです」って年賀状が来ました。ノリのいい担当さんにも恵まれております。裏をかいてカシュヴァーンの女装シーンを書いて送ろうかと計画中。個人的には泣きながら女装するトレイスが見たいです。

ていうかカシュヴァーンに関しては、自分が女装している暇があったら新しいドレスぐらい妻に贈ればいいとは思うのですが……そういえば「時計公爵」は、「贈り物」が一つのテーマに一応なっています。そもそもはここに、番外編みたいなショートショートを載せようかと計画中に出て来たネタだったのですが結局本編に混ぜてしまいました。

いまだ少女小説の書き方に悩み中なのですが、「私はラブコメを書いています」と呪文のように唱えつついろいろ見失わないようにやっていきたいと思います。よろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。